ポイント貯めておこづかい
セフレは気持ちいのだ

無料のサイトでエッチなセフレを見つけませんか??

無料直アド掲示板
日本最大級の直アド掲示板!!初めから直アドでやりとりできるのですぐヤレる子と知り合える!!

無料SENTAR
綺麗メなサイトで女の子の割合が多く男:女=4:6なので男性はライバルが少ない今がチャンス!!

無料NOEL
会員数100万人以上突破!!近場の即アポを狙うなら絶対ココ!!第2のスタビともいわれています!!

無料Mrs.Fainder
Hな人妻さんが割り切り相手を募集しています。老舗サイトなので初心者でも安心して使えます!!

無料PureNatural
初めから直アドでやりとりできる無料のサイト!!逆援助、セフレ、メル友なんでも作れます!!

中学校の保健医は、なかなか刺激的である。浅野可南子は決して、年下の男の子に興味があるわけではないのだけれど、いたいけな男の子を見ると、いぢめたくなる衝動に狩られることがしばしばあった。ある日のこと……。二年B組の木下圭吾が、体調不良のために、保健室に訪れた。
「今日はどうしたのかしら?」
圭吾は、いわゆる、保健室常連組みの一人なのだ。何かと理由をつけては授業をサボる。一言で片付けられないのが、この年代の子たちの悩みなのだ。精神的に病んでいると、本当に身体の調子を崩す。頭痛に腹痛、ひどいときには痙攣さえ起こすからやっかいなのだ。それでいて、検査しても異常が見られないのだから、困ったものである。
「なんだか、頭が頭痛で……」
 笑うところだろうか? と思ったけれど、意識的にスルーした。
「ベッドに寝ていいですか?」
可南子は許可して、彼をベッドに寝かせた。放っておいてもいいのだが、なにかしら手をうつ振りでもしないと、あとで教頭から小言を言われかねない。仕方なく、カウンセラーの真似事を始めることにした。
「ねえ、圭吾くん、なにか悩み事でもあるんじゃない?」
圭吾は小さく、うなづいた。当たり前だ。この年齢で、何の悩みもなければ、よほどの楽天家だろう。
「先生が相談に乗ってあげようか? 言ってご覧なさい」
「あの、ぼく、病気かもしれない……」
「どうしてかしら?」
「その、笑わないでよ。僕のおちんちん、大きくなったまま戻らないんだ」
また、悪ふざけかと思ったのだけれど、表情がどうみても真剣だったのだ。勉強のやりすぎで、こういった知識はまったくないのだろうか。それとも、男の子同士で、そのようなエッチな会話をする時代ではないのだろうか?
「圭吾くん、それは誰でも起きる現象だから、病気ではないのよ」
「でも、普通、もとの大きさに戻るんじゃないの?」
「だから、その、出せば小さくなるわよ」
「出す? 何を出すの?」
「マスターベーション、したことないの?」
「それ、なに?」
からかわれているようには見えなかった。本当に知らないらしい。性教育も、保健医の勤めかしら?可南子はベッドに向かい、圭吾の傍に腰を下ろした。そして、彼のズボンの上から、そっと股間を撫でたのだった。
「あ! 先生、なにするの?」
「治療かな? 病気じゃないから、教育かしら? ねえ、圭吾くん、これは特別授業だから、誰にも言っちゃだめよ」
「はい……」
「男の子はね、ときどき、マスターベーションして、精液を放出しないといけないのよ」
ビンビンに固くなった肉棒が、上を向くどころか、腹にくっつきそうなくらいの角度で揺れていたのだった。10代の男の子の肉棒を、しかも勃起した状態で見るのは初めてだった。可南子の手が、肉棒をつつみこむ。そして、ゆらゆらと、擦りだしたのだった。
「あ! なにするの、先生」
「これがマスターベーション。どう? 気持ちよくなってきたでしょ」
「うん。なんだか、気持ちよくなってきました」
「じゃあ、自分の手でシテごらん」
可南子は、圭吾自ら、オナニーを命じた。圭吾はおそるおそる、自らの手でこすりだした。しばらく擦っても、放出する様子が見られなかった。
「先生、いつまでやればいいの?」
困った。初めてのオナニーでは出にくいものなのだろうか?女の可南子には理解しがたい。仕方なく、可南子は、再び自らの手で、彼の放出を手伝ったのだった。
「ああぁぁ、やっぱり、先生にしてもらったほうが、気持ちいいや」
そう言っている割には、放出する様子がない。
「ねえ、ちゃんと、興奮してる?」
「興奮? どうだろう? どうして?」
このままではなかなか放出してくれまい。可南子は覚悟を決めた。上半身のブラウスのボタンを、順に外していき、そしてブラをずらして乳房をあらわにしたのだった。
「ねえ、見て、圭吾くん。わたしのおっぱい、きれいでしょ?」
「すごいよ、先生。触ってもいい?」
「いいわよ、あぁん、強く握っちゃダメぇ。もっと優しくね……」
圭吾に乳房を触らせると、あきらかに肉棒に変化が現われた。ビクビクっと痙攣のように動き出したのだ。そして、可南子は、その肉棒をたわわな乳房で挟み込んだ。パイズリをいっぱいしてあげたのだった。
「先生、すごいよ。なんか、頭が変になりそうだよ」
「いいのよ、気にしないで、いっぱい気持ちよくなってね」
「ああぁん、先生、僕、僕、僕、変になりそう……」
肉棒の先端に、カウパー液が漏れ出した。もう一息ね。可南子は、その肉棒を、ためらうことなく、咥えこんだのだった。そして、口の中いっぱいに、唾液を泡立たせ、グチュグチュと音をたてながらしゃぶるのだった。亀頭部まわりから、裏筋あたりは、丹念に舌先で絡めた。頬をつぼめて、肉棒を圧迫し、喉ちんこの奥まで、咥え込むのだった。
「先生が僕のちんちん、食べちゃってるぅぅぅぅ」
口の中で、肉棒が暴れだした。生きたエビの踊り食いを連想させる、飛び跳ねる肉棒だった。
「ああ! あああ! ああああ!」
放出するのだろう。セフレの可南子は素早く、口から肉棒を吐き出し、すぐさま圭吾自身の手で擦らせた。すると瞬く間に、肉棒から大量の精液が飛び散ったのだった。あまりの勢いで、部屋の遠くまで飛んでいくほどだった。
「はぁ、はぁ、はぁ、今の、なに?」
「これがオナニーよ。男の人はこうやって、ときどき放出しないとだめなの」
「そうなんだ、わかったよ、先生」
そして、肉棒は、小さくもとのサイズに戻っていったのだった。

オススメリンク
出会い
メル友募集掲示板-無料-
熟女出会いサイト
少女の為の家出掲示板
セフレ出会い場
援交掲示板
セフレ出会い
熟女掲示板
PC向けリンク
セフレ
無料の出会い系サイト
家出少女掲示板
家出掲示板
メル友
援助交際
熟女出会い
逆援助
優良出会い掲示板
エッチ
sns 出会い


相互リンク

6,588hit
開設:2009-05-27
更新:2010-10-18

友達に教える
HP作成 HP編集

ポイント貯めておこづかい
無料ホムペ・プロフ@ロッピー







【PR】 格安国内旅行/
ポイント貯めておこづかい